×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語の勉強をしてみる:1日目〜現在形と現在進行形

ついに解明!日本人の耳には英語は無理だった?
12日間であなたの耳が「E耳」に!

● たった2週間で字幕スーパーいらずの英語耳に!
● 好きな映画ビデオが、みるみる聞き取れる!
● もう、英語は怖くない! 数日で何か変化が起きます。
● TOEICなどの問題をやってみれば、納得するはずです。

現在進行形:ただ今やってま〜す!の、”ing”

「be動詞+動詞+ing」で、ただ今やってま〜す!の文になります。
例文:I am working(今仕事中でーす)、It is raining.(雨降ってるよー)
ポイントは、しゃべっている時にその状態で、終わってなくて継続中ってことですね。

現在進行形:必ずしも今やっているわけではないけど、”ing”

例えば、友人とランチをしている時、「おれ、今面白い本読んでんだよね〜」と言う時、
I am reading an interesting book.と言います。
当然今はランチをしているので本は読んでませんが、
最近本を読み始めて、まだ終わっていない時の説明では、ingを使います。
その法則から言うと今の状態は、I'm learning English.でしょうか。

現在形は、”いつものこと”を言う時に使う

The earth goes round the sun. 地球は太陽のまわりを回っている。みたいな。
いつものこと、一般的な事、いつも繰り返される事、そういう事は現在形です。
彼は働いている→いつも繰り返される事→よって、He works.

”いつものこと”でも、現在形と進行形で意味合いが変わる場合がある

1、私はいつも車で会社に行っている。これは→ I'm always go to work by car. ですが、
2、彼はいつもテレビを見ている。これは→ He is always watching TV. になります。
1、はいつものことでOK。2、は本来いつものことにはするものではないので進行形になります

現在進行形にしない動詞がある

進行形は主に行動や出来事の言葉に使われます。
行動的ではない言葉には、ingを付けない(進行形にできない)動詞もあります
例えば、know(知っている)は、常に I know となり I'm knowingとは言いません。
それ以外では、like hate want need prefer realise suppose believe seem などなど
逆に現在形でも進行形でもたいして意味の変わらない look feel などの動詞もあります。

マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編)

本書は、発行以来約500万部の売上を誇る世界的ベストセラーBasic Grammar in Useの日本語版である。116ユニットから成り、見開き2ページを1ユニットとして、文法ポイントの解説と練習問題を収録するユニークな構成を採用。

PageRank track feed
----- NANDAKA -----