BUZZ RICKSON'S TYPE N-2

BUZZ RICKSON'S TYPE N-2

N-2 は B-11 の後継モデルに相当するもので、保温性や機能性は大幅に向上していたが、これらの進歩は各種の新素材の登場によって達成されたものだった。  N-2 シリーズは戦闘機などの狭いコックピットで着用することが考慮された結果、その長さは腰までになっているのが特徴である。

N-2について

N-2シリーズは極寒地用のジャケットとしてN-3から発展したものです

-10℃〜-30℃のへヴィ・ゾーン用のフライトジャケットです

狭いコックピットでもパイロットが動きやすようにN-3より丈は短くされています

MA-1にフードを付けたようなデザインだが、その進化の過程は違うものです

頭部を完全に包み込むフードの内側はムートン張りでした

フード外側は、初期モデルはコヨーテの毛が、後期モデルはアクリルが使用されています

フードはジッパー付き。全開にして外周に付いているドットボタンで固定するようになっています

その理由は、フライトヘルメットを着用するときに頭部の動きを阻害しないようにです

スラッシュポケットが付いており、ハンドウォーマーを兼ねています

中の衣類に手が届くように、貫通式スリットが付いています

ボタン留めループ、ジッパー補強ドットボタンが装備されています

酸素マスク用タブが装備されています

スプリング式ジッパーを採用しています


N-2の感想

飛行服としてはそれぞれ意味のある仕様なのですが、襟周りが大げさですよね。
でもそれが逆にファッショナブルという見方もできますし、丈が短いので重くは感じないですよね。
カラーが軽ければ、スキーウェアに見えなくもないですしね。

米軍御用達のN-2Bは防寒対策ばっちり! 【アルファ】 N-2B フライトジャケット 全3色 31%O...

アルファは米国陸・海・空軍そして海兵隊向けフライトジャケットの供給で、最大手として評価を得ています。フライトデッキから街の歩道にいたるまで、さまざまシーンで着用されるアルファの製品は、今や品質とファッションの両面で第一線にあります。

アヴィレックスのフライトジャケットAVIREX/アビレックス N-2B フライトジャケットタイトバージ...

N-2シリーズはヘビーゾーン用フライトジャケットで、ヘビーゾーン(マイナス10℃からマイナス30℃)の状況下でのあらゆる状態を考えぬかれています。 これは身幅を細身に改良したショート丈ジャケットで、スタイリッシュに改良されたシルエットです。

仲間サイト

PageRank track feed
----- NANDAKA -----