×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MA-1 1stの前身となるB-15CモディファイのパッチバージョンBuzz Rickson's【バズリクソンズ】55...

バズリクソンズ (BUZZRICKSONS)、フライトジャケット ミリタリー、B-15C。 表地:3/1ヘビーナイロンツイル、インターライニング:コットン42%・ウール58%の、 この年代特有のディテールである貴重な大きなスコードロンパッチパッチ仕様。

◆送料無料◆★ポイント10倍 BUZZ RICKSON'S BR11313 B-15C フライトジャケット BUZZRICKSON&S...

BUZZ RICKSON'SのB-15C フライトジャケット、1951MODEL。 朝鮮戦争の慰問でマリリン・モンローが着た、米空軍シンボルカラーのエアフォースブルーB-15Cの復刻版

B-15Cについて

B-15は1944年に正式採用されたB-10に代わるインターミディエイト・フライトジャケットです

B-15は何度も改良され、シリーズはB-15,15A,15B,15C,15D,15DMODとあります

B-15Bで表地がコットンからオリーブドラブのナイロンに変更されました

耐熱性や耐火性は、ナイロン繊維は皮革よりも低いものでした

しかし航空機の発達より機内火災の危険が減少したためナイロン繊維が採用されました

B-15Cは当時陸軍航空隊から独立した空軍が色をエアフォース・ブルーへ変更したものです

1954年にアメリカ軍将兵の慰問に訪れたマリリン・モンローに進呈され着用されました

ムートンが張られた襟を前のベルトとボタンによって立てて閉じることができます

スリットを使った内ポケット型のスラッシュポケットで、開閉はドットボタンです

インサイドポケットも付けられています

左上腕部にペンシルケースとシガレットケースが取り付けられました

酸素マスクのホースをクリップ留めするためのタグが付いています

ジッパーには大きくて使いやすい革のタブが付いています


B-15Cの感想

MA-1にボア襟を付けたようなスタイルは実は一番冬に合っていると思います。
ただMA-1が有名過ぎて、MA-1に襟付けちゃってるよ的な見方をされる恐れがあります^^;
もしくは現場の作業着、いわゆるドカジャン的に見られる場合もありそうです。。

バズリクソンズ BR11315 B-15C(MOD) Buzz Ricksons MFG. CO. & MODIFIED 01)A.F.BLUE 1951 MODEL b15

バズリクソンズ BR11315 B-15C(MOD) Buzz Ricksons MFG. CO. & MODIFIED 01)A.F.BLUE 1951 MODEL b15

第二次世界大戦後、ジェット機の到来によりそれまでの航空整備は大きな見直しを迫られ、 B-15シリーズは襟に改修を加えた“Modified”(MOD.)モデルが制作された。この改修はムートン襟をボディから取り外し、ウールリブニットを付け直したものである。

仲間サイト

PageRank track feed
----- NANDAKA -----