×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フェローズ B-10  PATCH

フェローズ B-10 PATCH

軍採用当時、民間会社フェローズがB-10を解釈して作り上げたらが本モデルのコンセプト。 ライニングは実物同様、本物のアルパカを豪華に使用し、衿にも本物のムートンを使用。 オリーブとブラウンのミックスカラーのウールリブが唯一無二の存在感を醸し出す。

B-10について

1943年に採用されたアメリカ陸軍航空隊最初の布地製フライトジャケットです

革不足で生産が間に合わなくなる懸念から、布を使ったジャケットが開発されました

表地はオリーブ・ドラブのコットン・ツウィル、裏地はアルパカとウールのパイル地

現代フライトジャケットの元祖と呼ばれ、B-15、MA-1へと進化して行きます

左の肩にはARMY AIRFORCESの文字とマークがプリントされています

襟にはムートンが張られており、襟止めストラップとボタンで留める事ができます

ポケットはペンホルダーつきのパッチポケットです

ジッパーは皮ひもつきでグローブをしながらでも開閉ができました

袖口とウエスト部にはウールのニットジャージが採用されています

ニットジャージは先端が絞られており、縫い合わせ部分は逆に膨らんだ形です

風を遮断するウィンドフラップが付いています


B-10の感想

フライトジャケットと言えば革かナイロンのイメージがあり、布地は若干違和感のあるところです。
ボア付襟とオリーブ色のコットンの本体に貼り付けポッケは、どうしても爺くさく感じてしまいます。
革ほど高級感もないですし、ナイロンと比べると重いですしね。

革製フライトジャケットの代替えとして米陸軍航空隊が正式採用した最初の布製フライトジャケッ...

革製フライトジャケットの代替えとして米陸軍航空隊が正式採用した最初の布製フライトジャケット。 BUZZ RICKSON'S(バズリクソンズ)の、B-10、1943MODEL。

THE REAL McCOY'S(リアルマッコイズ)Type B-10[REAL McCOY MFG.CO.]( ミリタリーフライトジャ...

素材やパーツのチョイス、縫製や仕上げの方法、あらゆる点で完璧を目指す、 THE REAL McCOY'S(ザ・リアルマッコイズ)の、Type B-10。 特徴的なディテールが忠実に再現されています。

仲間サイト

PageRank track feed
----- NANDAKA -----